FC2ブログ

山ガールGOGO!

  

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←ランキングに参加しています。よろしくお願いします!ペコリ(:

・・・・・・山で出会ったみなさん!ありがとうございました。・・・・・・
・・・・・・撮らせて頂いた写真は、下山後1週間前後でUPしていきますね。・・・・・・

 

 

 

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ☆ ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします! ペコリ (:
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←ランキングに参加しています。よろしくお願いします!ペコリ(:

・・・・・・山で出会ったみなさん!ありがとうございました。・・・・・・
・・・・・・撮らせて頂いた写真は、下山後1週間前後でUPしていきますね。・・・・・・

 

 

 

涸沢デビュー!(1)/ Karasawa Debut! 

2011.10.22

日程:10/8(土)〜10/10(月) 涸沢 2泊3日のテント泊
1024-768.jpg

上高地のビジターセンターで、涸沢の紅葉の写真を見て以来、
今年、10月の連休は涸沢へ行こうと決めていた。




【はじめての方へ】
私についてはこちら↓
about me
前回の登山についてはこちら↓
鳳凰三山(1)はじめての登山/ my first climbing.


   
10/7(金)深夜
00:00 岡崎集合 ー 忘れものを取りに帰る ー 
00:30 改めて出発! 岡崎IC ー沢渡か迷ったけど、3連休の初日。空いてる方へ!と平湯方面へ(4h) 
4:30 平湯温泉に近づく ー あかんだな駐車場手前、渋滞にはまる 
    ほんの5キロ程を1時間以上かけて進む
5:45 平湯温泉 あかんだな駐車場着   着替えとパッキング
6:30 バス停へ。バス券購入のため並ぶ (20m)
6:50 バスの列へ。待つこと約1時間。
7:55 バス乗車 (平湯ー上高地 所用時間=25分)

8:20 上高地着 ー (10m)ー 河童橋 ー (40m)ー 明神 ー(1h10m)ー 徳沢
    (60m)ー 横尾 ー(1h40m)ー 本谷橋 ー (2h45m) 15:45 涸沢ヒュッテ着



10/6(木)
出発前日、



涸沢は雪が降ったよーという
情報をキャッチ。
友人から借りたシェルターを
庭で組み立ててみて、
あまりのコンパクトさと、
生地の薄さに、
心細くなり、
k1122276.jpg
モンベル モノフレームシェルター ダイヤ 1人用





仕事後に、
テント泊の未経験なのに
勢いでマイテント購入。
m_VLSERIES.jpg
プロモンテ ライトウエイト・アルパインテント/1.45kg (2人用超軽量山岳テント)VL24     

いろいろ考えて、
軽量で、雪山にも耐えられるスペックで、
デザインや色が気に入ったプロモンテが、
好日山荘でセールだったので。
(高かった!!!けど、命を守るテントはすごく大事)

※テント購入への道は後日UPします



さらに、寒さにびびって、
防寒着を買い足し、買い足し、

logo.gif

いろいろ考えて、
アスリートアンダーウェアでは
世界一のシェアだというodloを中心に購入。
(高かった!!!けど、命を守る防寒着はすごく大事)

※防寒着購入への道は後日UPします



カメラのバッテリーと
予備のレンズキャップを調達し、

niko_m.jpg

(レンズキャップ、すぐなくすから)
夜中になんとか装備を確認して、

10/7(金)
出発当日。

仕事後に、
歯医者に行って、自分メンテナンスを済ませ、

さぁ、行く前にテント張る練習しよーとしてるとき、


上司から緊急メールで呼出され、
直前まで仕事して、
女豹のリーダーと私のBDパーティに大遅刻して、

と、

ぞっとする程バタバタしてたけど、
なんとか、待ち合わせ時間(深夜0時)に間に合いました!

見送ってくれた女豹のみんな、ありがとー!!
リーダー、自分の誕生日なのに、セッティングおつかれ!

DSC_1671.jpg

ケーキ、おいしかったね。
ありがとー!来年は私がやるわ☆(たぶん)





今回はふーみんが行けないので、
1人で、夜行バスで行くつもりで、
予約までしてたけど、

写真仲間のキャオちゃんが自分も行きたいと申し出たので、
バスをキャンセルして、
キャオちゃんの車で一緒に行くことに。

運転ありがとー。おつかれ!!



この2人で山に行くのははじめてで、
あんまり打合せをせずに行ったので、
あとで、ちょっと大変なことになる。


なーんて、出発時は、考えなかった。




1人より、2人のが楽しいし、
話し相手が欲しい私は、ノリノリだった。


それに、登山2回目で、いきなりソロテント泊は
ちょっぴり不安だった。



紅葉シーズン真っ只中,


DSC_2016.jpg


大混雑が予想され、


DSC_1728.jpg

登山道は渋滞し、トイレもすごく並ぶ。らしい。


横尾経由のゆるやかな一本道で、
迷子になることはない。

テン場近くに、小屋が2つもある。


上高地から涸沢までも
小屋が何個かある。

10月の涸沢。
気温=−5℃〜17℃。
コースタイム=片道約6時間。
レベル=普通の体力でOK。
積雪なし(あっても、アイゼンがいらないくらい)。



初心者が、初めてテント泊するには、
ぴったりじゃないか!!



万が一、何かあっても、
どーにかなりそうだ。

誰かが、いる。
(頼りにしちゃいけないけど)
1人ぼっちで困り果てることはない。



ってことで、ふーみんはいないけど、
1人で行くこと決定!




とはいえ、


『山』なのだ。


深夜〜早朝の気温は 
マイナス5℃前後。


荷物を背負ったこともなければ、
テントは初めて、
山ご飯を1人で準備したこともない。


だいたい、
寒がりの私には零下5℃の世界は未経験で
想像がつかない。


もっとも、

テン場までたどり着けば、


前日入りした
頼れる兄貴、まっちゃんがいるし、
翌日の夜には、涸沢行きを勧めてくれた、
前職の上司と合流することになっている。
(2人ともれっきとした経験者)


8月末、
ボスの撮影にくっついて行った上高地。

DSC_0014.jpg


お天気待ちしてる間、
ふらっと入った、
ビジターセンターにて、

DSC_0378011831.jpg


初心者でも防寒さえきっちりすれば、
10月の涸沢は登れますよと、
確認済みだけど、


ふーみんにくっついて、
写真だけ撮ればよかった
今までの状況とはおおいにチガウ。


もう、

『ランドネ』と『岳』だけで予習してる場合じゃない!
と、

ネットで、
諸先輩方のブログを拝見し、
涸沢ヒュッテに電話し、
経験者の皆さんに相談し、
ふーみんのお家で、
ありがたい南米体験談を聞き、
出張時も、
山ショップのオヤジの元へ通い、
付け焼き刃的に、情報収集した。


けど、


『山』なのだ。


未知の世界だ。


楽しみだーってゆー期待と
だいじょぶかなーってゆー不安が入り混じる。


写真好きで山好きの
キャオちゃんの提案は素直に心強かった。


だから、このときは
まさか、帰りが別々になるとは想像もつかなかった。



出発時、
仲良し女子のぱーてぃの後で、
いい感じで、酔っぱらってた。


で、キャオちゃんと待ち合わせた駅前で、

絶対、忘れ物してる!!と自信満々に言い張る私に、
防寒着さえあれば大丈夫だと
言われ、
部屋に
ジャケットを置いてきたことに気づき、


DSC_1496.jpg
忘れないよーにと、
ハンガーにかけてて、見事に忘れた。
ありがちだw



ジャケットを取りに戻り、


さぁ、出発だ!



《続きは次回 / To be continued》


<< 前のページ    次のページ >>






スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ☆ ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします! ペコリ (:
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←ランキングに参加しています。よろしくお願いします!ペコリ(:

・・・・・・山で出会ったみなさん!ありがとうございました。・・・・・・
・・・・・・撮らせて頂いた写真は、下山後1週間前後でUPしていきますね。・・・・・・

 

 

 

涸沢デビュー!(2)/ Karasawa Debut!  

2011.10.23

日程:10/8(土)〜10/10(月) 涸沢 2泊3日のテント泊
1024-768.jpg
昨年、2010年の涸沢
よくできたCGかファンタジー映画のセットみたいな色
Ps処理なしで、この色だというから驚き。




【はじめての方へ】
私についてはこちら↓
about me
前回のお話はこちら↓
涸沢デビュー!(1)
   
10/7(金)深夜
00:00 岡崎集合 ー 忘れものを取りに帰る ー 
00:30 改めて出発! 岡崎IC ー 沢渡か迷ったけど、3連休の初日。
    空いてる方へ!と平湯方面へ   (4h) 
4:30 平湯温泉に近づく ー 駐車場手前で、渋滞にはまる 
    ほんの5キロ程を1時間以上かけて進む
5:45 平湯 駐車場着 着替えとパッキング
6:30 バス停へ。バス券購入のため弱並ぶ (20m)
6:50 バスの列へ。待つこと。約1時間。
7:55 バス乗車 (平湯ー上高地 所用時間=25分)

8:20 上高地着 ー (10m)ー 河童橋 ー (40m)ー 明神 ー(1h10m)ー 徳沢
    (60m)ー 横尾 ー(1h40m)ー 本谷橋 ー (2h45m) 15:45 涸沢ヒュッテ着




涸沢1日目 / the first day in Karasawa

2011,10,8,

4:30
車中から見える、
見事な星空に感激し、
眠気が吹き飛んだ。


しばし、車を止めて、窓から顔を出して眺める。


横を、
すごいスピードの後続車にビュンビュン抜かれる。


カメラと三脚を出すのはあきらめて、
更に進む。


渋滞に巻き込まれ、ダラダラ運転で1時間。


on the drive to akandana-parking (Hirayu-onsen)
we looked up at the million stars in the sky.
it was great!



5:45 ようやく、あかんだな駐車場着   1日=500円(料金後払い)

渋滞のわりに、駐車スペースはまだ余裕がありそうだった。
収容台数は850台分。
渋滞してる車、850台以上ありそうだったけどな。
全部、駐車できたんだろうか?

やっと、駐車場にたどりつき、
車中で着替えて、
バス停に向かう。

6:30  タクシー乗り場はとても混んでいた。

DSC_1701.jpg


it was during a peak season,
any taxi stands and bus stops, It had been crowded,


DSC_1706.jpg

a crowded bus stop.

standing in line to buy bus tickets.
it took 20minutes.
standing in line to ride a bus.
it took a 60minutes.

BUT
even in a such heavy situations, I was so excited!!


混んでいるとはいえ、
いろんな、ハジメテに興奮状態の私にとっては、
あっという間だった。

バスチケット 平湯温泉ー上高地 往復 2,000円

シーズンのせいなのか、バスは次から次へと到着し
とても、スムーズに思えた。


8:20 上高地着 / arrived at Kamikochi

DSC_1713.jpg


トイレを済まし、日焼け止めを塗る。

上高地バスターミナルのトイレはとても広くてキレイ
この時間はまだ混んでなかった。


DSC_1715.jpg


ここで、キャオちゃんは朝食を食べたいとゆーので、
父の特製おにぎり!男飯とも言う笑
をあげる。


りんごジュースが飲みたい!
とゆーキャオの為、りんごジュースを・・・


・・・


どっかに落とした。。。笑


多分、バスがすごく混んでいて、
ザックのポッケからこぼれたのに
気がつかなかった。

お山に、落とし物をして、
ごめんなさい。
と反省する私の横で、


りんごジュースへの愛を語りだす
キャオのことは完全にシカトする。


そこへ、
「落とし物はこれではないですか?」
と緑茶のペットボトルを差し出す親切そうな老夫婦。

私のりんごジュースじゃなかったけど、
(同じように、混雑に紛れた落し物だと思う)

キャオはそれをすんなり受け取って、
ごくごく飲む。



・・・



厚かましいやつ。。。





前日飲み過ぎたせいで、
お腹が空かない私は、
お水だけ飲んで、



さぁ、出発だ!



8:30 河童橋着 / kappa-bashi
DSC_1719.jpg



上高地のバス停から、河童橋に行くまでには、
歩けるのかなーと不安だった
ザックの重さに慣れ、
(60−70Lバーグハウスのザックで、15キロくらい)

※荷物については、後日〜

心配していた、ひざの痛みにも悩まされず、



快晴で、

DSC_1732.jpg



the sky was clear and the wind still.
I'm in a good mood in the morning.


徹夜&軽い2日酔いにもかかわらず、
私は、終始ご機嫌だった。


だから、ごめん。

キャオちゃんの様子がおかしいとか、よくわかんなかった。
どこからおかしかったんだろう?

口数が少ない彼は、そーゆー人なんだと思ってた。
調子が悪いのか、と聞いても大丈夫だと言われれば、
そうなんだ!と思ってしまったから。


9:10 明神館着 / arrived at myojin-kan

DSC_1728.jpg

climber,climber and climber!!!


こんなに沢山の登山者がいることにウキウキする。





11:20 横尾着 / arrived at yoko

DSC_1752.jpg

徳沢のトイレは空いてたけど
横尾ではずいぶん並んでた。
今考えると、
この先、涸沢ヒュッテまでないからだな。



DSC_1757.jpg


気温は確実に15℃を超え、
行動中は汗ばんだ。


駐車場では、霜が降りる程で、
かなり厚着をしてたけど、


横尾を超える頃には、
夏の登山とほぼ同じスタイルに。


DSC_1765.jpg



トップスは
odloの薄てのロンTに
半袖のTシャツを
重ねて

ボトムスはcw-xのタイツに
短パン。


高機能シャツって、すぐ乾くからすごい♪

DSC_1773.jpg


混み合ってた、横尾では
休憩せずに進んだ私たちは

横尾から10分程先の梓川の河原で
しばし、休憩。

何も食べないのはよくないなー
と、

コーヒーを飲んで、
バナナを食べる。

お腹がすいたというキャオに、
再び、父の男飯をあげる。


ご機嫌な私は、
序々に、
道幅が狭くなり、
標高とともに
気温が下がり、
急勾配になり、
それでもって、
渋滞で動けなくなることを

まだ、知らない。



ここからが、ちょっぴり大変だった。



《続きは次回 / To be continued》


<< 前のページ    次のページ >>


テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ☆ ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします! ペコリ (:
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←ランキングに参加しています。よろしくお願いします!ペコリ(:

・・・・・・山で出会ったみなさん!ありがとうございました。・・・・・・
・・・・・・撮らせて頂いた写真は、下山後1週間前後でUPしていきますね。・・・・・・

 

 

 

涸沢デビュー!(3)/ Karasawa Debut!  

2011.10.28

日程:10/8(土)〜10/10(月) 涸沢 2泊3日のテント泊
2009kara.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
↑ランキングに参加しています。応援、よろしくお願いします。


10年に1度と言われる、昨年、2010年の紅葉は見事!としか言いようがなく、
(私、見てないけど)



赤は、どのクライマーのジャケットより鮮やかだったし、
黄色は、どのモンベルのテントよりビビッドに輝いだ、



らしい。


Karasawa is very famous for its autumn foliage in Japan.
(The best fall foliage spot is Nikko, the second is Karasawa )
Last year ,2010, it was awesome. People say it was only once in a decade,
that such a amazing foliage,
The hillsides were set ablaze with red and yellow tints.
Those were more colorful than million tents in camp site.


BUT for me,
It's not really a problem.

I was so excited that I AM climbing to the Karasawa with a complete equipment.


【はじめての方へ】
私についてはこちら↓
about me
ここまでのお話はこちら↓
涸沢デビュー(1)(2)




10/7(金)深夜  
00:00 岡崎集合ー忘れものを取りに帰るー
00:30 改めて出発! 岡崎IC ー 3連休の初日。空いてる方へ!と平湯方面へ(4h) 
ー 平湯温泉に近づく ー あかんだな駐車場手前で渋滞。5キロ程を1時間以上かけて進む(1h)
5:45 平湯温泉 あかんだな駐車場着   着替えとパッキング (45m)
6:30 バス停へ。バス券購入のため並ぶ (20m) バスの列へ。待つこと約1時間。
7:55 バス乗車 (平湯ー上高地 所用時間=25分)
8:20 上高地着 ー (10m)ー 河童橋 ー (40m)ー 明神 ー(1h10m)ー 徳沢
    (60m)ー 横尾 ー(1h40m)ー 本谷橋 ー (2h45m) 15:45 涸沢ヒュッテ着






『ザック背負って、テント担いで、完全装備で、3000m級のお山に登ること!』

が、
夢で、目標で、
登山2回目にして、
夢実現への道!を着実に進んでいることに
陶酔してた私は、

ただ、
涸沢を目指して
歩けるのが、
嬉しくて、
楽しくて、
陽気なお天気に、
ウッキウキ。

不機嫌な同行人キャオの
ことなんて、
気になんない、気になんない。
(体調悪くないってゆってるし)


皆さんが残念がっている紅葉のことも
どっちでもよくなってた。
てか、忘れてた。
(前日のアルコールのせいか)



だって、
青空の下に、
北アルプスだよ



DSC_1720.jpg


under the sunny cloudless blue sky,
I was overwhelmed by the magnificent view.
Can you believe this?
This was just my second climbing!!



梓川でバナナとか
食べちゃってんだよ

キャオちゃんは、
コーヒーいれてくれるし
(インスタントで、燕ブレンドでもなかったけど笑)




これってーーーーーー!!!




『岳』じゃんw!

 完全に!
(キャオは三歩意識してるから。間違いなく!)


もぉ、テンションあがるに決まってる!!







10/8(土)
涸沢1日目 / the first day in Karasawa


11:20 横尾 / yoko   気温17℃前後

DSC_1753.jpg


キャオが無言でもご機嫌な私。
ルンルン、鼻歌ハミング〜♪


ここで、空気の読めないキャオと一悶着。。。


上高地来るずっと前から、
北穂が気になってた
キャオちゃんに、
101回目くらいの求愛を受ける。


「いっしょに北穂、登らねー??」

「登らねー!!」


とは言わなかったけど
私、
乗り気じゃないよぅ。



もちろん、
奥穂(3,190m)も北穂(3,106m)も
ちょー憧れるし、
(2~3週間前に覚えたばっかだけど)
行けるもんなら、行ってみたい!!
けど


私、ほら、
テント泊初めての初心者だし、
山ガールに憧れたミーハーだし、
全部、体力任せで
あんまり知識ないし、


涸沢とはいえ『山』だよ。
10月の奥穂&北穂って、
上級者の皆さんが行くとこじゃないの?
バシバシ事故あるとこじゃないの?


そこでさー、
お山の主たちに、
てめー、山ガール気どって聖地に踏み込むんじゃねーとか
怒られたらどーすんの?


てか、
前日、雪降ったんだよ。
現実的に、雪なくても、岩が凍ったりするんだよ
すべるんだよ 冷たいんだよ 寒いんだよ
すってんころりと転んで落ちるかもよ
落ちたらやばいよ
お亡くなりになってる方もいっぱいいるんだよ
今だって、救助ヘリ飛んでるじゃん、


どこで、なにがあるか、わかんないんだよ。



あたしは!!!



初心者らしく、

とりあえず涸沢まで登って、
買ったばっかのマイテントはって、

お山のたくましい先輩方の姿と
オシャレで可愛い山ガール&ボーイと
そびえ立つかっちょいー北アルプスの山々を

買ったばっかのD7000のファインダーに収めれば、
この涸沢ツアーの目的、80%を達成したことになるんだ!!!
(あとの20%は山ごはんとお酒ね)

そーなんだ!
それで、大・大・大、大満足なんだ!

それで、お酒飲んで、
経験者の皆さんのありがたーいお話し聞ーて、
あぁ、もっと練習して、あれ登ろう、これ登ろう、
来シーズン始めはどーしよー、とか楽しい妄想をするんだ!!
(そのためのつまみもあるし)





結果的には、
お天気に恵まれ、とてもありがたいことに、
素晴らしいガイドとサポーター
(イケメン山ボーイズ)との出会いにより
なんと、奥穂手前まで進み、涸沢岳(3,110m)を登ることになるんだけど。




このときは、そんなのわかるわけなかったし。
このときは、キャオちゃんがバディだったし。


前述した理由をはぎれ悪く、
ぐだぐだゆって、
それでも
引き際の悪い彼に、



とりあえず、
考えとくわ〜
と生返事。




したら、




気に入らなかったのか、
キャオはさらに、
かよわな私の腕を
ぎゅっとつかんで、
ぐっとひきよせて、



「ビビってんじゃねーよ!」



なーんて、やんちゃ発言をする始末。



・・・



困ったコ。



・・・



キャオちゃん、、、
ちかいよ、痛いよ、



・・・



私は、
五大陸の最高峰に登ったけれど、
高い山に登ったからすごいとか、
厳しい岩壁を登攀したからえらい、
という考え方にはなれない。
山登りは、優劣ではない。
要は、どんな小さなハイキング的な山であっても、
登る人自身が登り終えた後も
深く心に残る登山が本当の登山だと思う。




・・・



って、植村直己さんもゆってたじゃん。



安全に登って、安全に帰ってきて、登山じゃないの?
山の一年生が、ピークハントに執着してどーするの?
そーゆーのは、相当経験ある上級者の方々がチャレンジなさることよ。

きのーきょう山始めたばっかの、
私たちは、おとなしく、涸沢で様子をみよーよ。
で、いろんなセンパイの話しを聞ーて、
私たちでも大丈夫ってわかったら、
行ってみることにすればいいわけで。

今、決断を迫ることないやん!!

だから、行く前の週にも、
あかんだな駐車場出るときも、
地元のサークルの隊長に止められてたじゃん!!
親友からお前が心配だってメールきてたじゃん!!

山、なめたらあかーん!!




てかさ、
とりあえず!
その、いかついタトゥーの入った手を離しなさい!




NO!暴力!!!!!




コワいから。ふつーに。
周りの人が誤解するでしょ?



あー、もー、
これは、あれではないですか?
DVってゆーの?
デートどめすてぃっくばいおれんすってやつじゃないですか?

私、キャオとデートする関係じゃないけど。
やっぱ、男女の腕力ってチガウし。
もはや、キャオは私を山ガールに憧れただけの女子ってこと忘れてるし。

「女子高生の33%がデートDVで交友制限を経験」
って、産経で読んだときは、まじでー?って思ったけど、


いたよー。ここにー。


もー沼津のご両親に報告したる!!





キャオちゃんって、
ちょっぴりやんちゃで、わがままだけど、
長身&イケメン、運転うまくて、仕事できて、
やさしくて、一緒に岳ごっこしてくれるくらい面白い。

なのに、彼女できない理由わかったな。
これだよ、こーゆーの、女子に人気ないとおもいます。




キャオちゃん、『岳』と『植村直己語録』読み返して、出直してきてよ!!




それか、お1人でどーぞ。
もー、いい年なんだから。
ママは面倒見きれません!




ってゆーことがあったけどさ、


まさか!
ほんとに彼が1人でどっか行って、いなくなるとか、
(意味がわからん)

まさか!
同じ車で来たのに、別々に帰る事態になるとか、
(荷物あるのに、なかなか面倒なことをしてくれた)
このときは予想もつかなんだ。


聞き分けのない、
30オーバーの男子を前にして


ひそかに、
涸沢着いたら1番さいしょに
山の頼れる兄貴
まっちゃん(まっちゃんのが年上)に告げ口して
叱ってもらおーかなー
とコソクなことを考えてた



DSC_20721.jpg

↑心の拠り所、まっちゃん(右ね、もちろん笑)と、つかさねーさん



大混雑&大渋滞&北穂に登るかはっきりしない私に
怒りを隠せないキャオの顔を見ないよーにして、
横尾を素通りし


私たちは、足早に進んだ。


DSC_1761.jpg



この後が、ほんとにきつかった。
鳳凰小屋ー地蔵岳ーオベリスクの比じゃなかった。



大渋滞で、ペースはさらに狂い、
疲れや、眠気に襲われた。
ほんとに、山を甘くみてはいけないんだと思った。

13:00 本谷橋 (1,780m) / hontani-bashi  気温15℃前後

DSC_1780.jpg

上高地から、コースタイム4時間。
こんなに多くの人が、
ここ本谷橋 (1,780m)から、
涸沢(2,250m)まで登る。


本谷橋ー涸沢 
標高差-470m 距離-2,8キロ
コースタイム2時間。


この先は、涸沢ヒュッテまで、
トイレもないし水場もない。


登山道はきちんと
整備されてはいるものの、
狭く、傾斜がきつい箇所もある。

それに、
大渋滞により進めず、
時間だけがどんどん過ぎた。

日なたでは、
ちょっと暑いくらいの陽気だったけど、
日陰に入ると
一気に冷えて、
汗で濡れたインナーに体温を奪われた。




《続きは次回 / To be continued》



<< 前のページ    次のページ >>










テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ☆ ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします! ペコリ (:

 | ホーム |  »

hello

yuko

about me

archive
comments
monthly
calendar
05 | 2019/06 | 07
S M T W Th F Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Page

search
category



▼アクセスランキング▼

1,涸沢デビュー!(7)
2,涸沢デビュー!(6)
3,涸沢デビュー!(1)
4,涸沢デビュー!(2)
5,はじめまして!/ About

contact

↓mail
name:
mail:
title:
text:

counter
link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。