FC2ブログ

山ガールGOGO!

  

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←ランキングに参加しています。よろしくお願いします!ペコリ(:

・・・・・・山で出会ったみなさん!ありがとうございました。・・・・・・
・・・・・・撮らせて頂いた写真は、下山後1週間前後でUPしていきますね。・・・・・・

 

 

 

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ☆ ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします! ペコリ (:
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←ランキングに参加しています。よろしくお願いします!ペコリ(:

・・・・・・山で出会ったみなさん!ありがとうございました。・・・・・・
・・・・・・撮らせて頂いた写真は、下山後1週間前後でUPしていきますね。・・・・・・

 

 

 

涸沢デビュー!(8)/ Karasawa Debut!  

2012.01.19

DSC_1920.jpg
5:30 気温 -2 ~ -1℃

涸沢テン場より、モルゲンロートを拝む。
ざわついた音のすべてをかき消すような、静かな迫力。
姿の見えない、太陽の雄大さ。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
↑ランキングに参加しています。応援、よろしくお願いします。

DSC_1913.jpg


DSC_1915.jpg


DSC_1978.jpg


DSC_1900.jpg


DSC_2005.jpg


DSC_2004.jpg



気をつけていないと、呼吸するのを忘れそう。
ピンと冷えた空気が、時間を止めてしまいそう。




・・・






詩的な美しさ、




写真が

もっともっと、上手ければ

と思う。




実際の朝焼けは、こんなもんじゃなかった。





再現不能の

ダイナミックな美しさが、

そこにあった。







1日目 10/8(土) 快晴  
深夜  
00:00 岡崎集合ー忘れものを取りに帰るー
00:30 改めて出発! 岡崎IC ー 途中から渋滞
5:45 平湯温泉 あかんだな駐車場着  ー
6:30 バス停。バス券購入(20分) バス待つこと約1時間。
7:55 バス乗車 (平湯ー上高地 所用時間=25分)
8:20 上高地着 ー (10分)ー 河童橋 ー (40分)ー 明神 ー(1時間10分)
   ー 徳沢(60分)ー 横尾 ー(1時間40分)ー 本谷橋 ー (2時間45分)
15:45 涸沢ヒュッテ着

2日目 10/9(日) 快晴  
5:15 起床  ー   5:45 モルゲンロート(朝焼け) をみつつ 写真撮りにヒュッテ展望台へ  ー
6:15 テントに戻る ー 8:00 テント引越し
10:00 奥穂に向けて出発  ー (1時間40分) ザイテングラード  ー 13:00 穂高岳山荘着 ランチ
13:55 出発 - 奥穂は大渋滞していたので涸沢岳へ  −  14:20 涸沢岳着
15:00 出発  ー   穂高岳山荘 (2時間15分) 涸沢ヒュッテ着

3日目  10/10 (月) 晴れ
4:30 起床 ーヒュッテのテラスで写真をとる ー 寒さにめげて撤退 ー 再びテントへ
7:00 朝ご飯     ー       9:00 テント撤収
10:15 涸沢ヒュッテ出発 ー (1時間30分)
11:45 本谷橋にて休憩  ー      12:30 横尾にてランチ 
14:30 徳沢にてソフトクリーム♡ ー 16:30 上高地着 ー 親切な2人組の車で、自宅まで送って頂く。





2日目
5:15 起床
傾斜にテントを張ったおかげで
体がシュラフごと
テントの端っこまで
ずり下がって
目が覚めた


眠るときは
大したことないと思っていた傾きは
時間がたつと
なかなかなもんだった。



最年長で初飛行に臨み、
最長5カ月半の
国際宇宙ステーション
滞在を終えて帰還した
古川さんほどじゃないけど、

地球の重力を感じましたね。

シュラフに包まれた
みの虫みたいに
ちっちゃくなって
したのほぉーっに
転がってた。


DSC_1946.jpg
↑傾いてます笑


気温はマイナス1〜2℃。
完全に霜がおりて
濡れたタオルは、
テントの端っこでバリバリに凍ってた。

着込んで
5時半に来ると約束したキャオを待つ。

何もしてないと、寒いから
お湯を沸かして
紅茶を飲む。

山で、飲む紅茶は
どうしてこんなにも美味しいんだろう。



・・・


30分待っても
キャオが来る気配が感じられないので、
テントを離れ、ヒュッテのバルコニーへ


そう!
写真を撮りにいくのだ!!






DSC_1945.jpg
キャオを待ちつつ、
見よう見まねで
テントの霜を落とす。

霜を落とさないと、
テントが濡れて、重くなりそう。



DSC_1958.jpg
えへへ。
雪みたい♡



DSC_2013.jpg
三脚で場所とり。
イッチョマエのカメラ小僧を気取ってる。

ヒュッテ、バルコニーにて。



DSC_2020.jpg
Velbon sherpa 443
前職の上司から頂いたので、価格は不明。
気に入ってます。

ron-chan thanx!!!


DSC_2016.jpg
左下はおトイレ待ち行列。


DSC_2010.jpg
6:45 紅葉シーズンの3連休
おトイレ、1〜2時間待ち
といっても、8時過ぎには、随分空いてました







DSC_2027.jpg

天気は、すこぶる快晴
まさか、この後、ここに写ってる涸沢岳に登るとは
思いもしなかった。



こんなに、人がいるのに、
お山は、
相も変わらず、
大きくて、
大きくて、
動じなくて、
雄大に
聳えてた。



DSC_2038.jpg


なんてゆーか、
この時点で、
あと一泊分
涸沢でまる1日以上、
時間があったけど、


既に、
私は、
やりきった感で満たされてた。
睡眠不足なんて感じないくらいに



標高2,700mで迎える
初めての朝に、


経験したことのない
気温と寝床に、


いかにも!!

登山者の中に
いることに、


見たこともない
テントの数に、


携帯電波の
届かない世界に、


テレビも、
新聞も
電子レンジもない
生活に、


下界とは 
チガウ
あらゆるものごとに、




刺激され


興奮はいつまでも覚めなかった。







気を抜くと、


涙が溢れそうだった。






すべてを
D7000


収めたかった。





お山での未知の出来事を
おもうと、


いつもの週末との
あまりのギャップが
うれしくて


1人でニヤリと
顔が緩んでしまうことを
抑えられなかった。





だから
2日目、この日予定は、
傾いたテントのい引っ越しをして、
まっちゃんらをお見送り
ステキ山ガールの写真をとり、
涸沢を満喫したとこで、

そこら辺で、
キャオと会えるだろーから
キャオに、軽くお説教して
昼間から一緒に飲んだくれよー
ご飯食べて、荷物減らして
ゆっくり寝て
3日目は下山のみ。

くらいに
思ってた。



けれど、


世の中のあらゆる

『予定』が、

『予定』でしかないように、

『予定』って、変わりますよね?!



ってことで、



残念ながら、
キャオとは、
その後、
再開することはなく、
別々に行動する
意味不明な展開にモンモンとしながらも
『予定』とゆーか”予想”
を遥かに、
越えた展開になる。





といっても、


『山』って
そんなものなのかもしれない。

出会いが出会いを呼び、


集まり、
流れ、
放たれ、
進んでいく。




そんなものなのかもしれない。


すべての流れゆく日常と同じように、


放たれた先は、自分次第だ。








《続きは次回 / To be continued》



<< 前のページ     次のページ >>    
    



スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ☆ ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします! ペコリ (:

 | ホーム | 

hello

yuko

about me

archive
comments
monthly
calendar
12 | 2012/01 | 02
S M T W Th F Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Page

search
category



▼アクセスランキング▼

1,涸沢デビュー!(7)
2,涸沢デビュー!(6)
3,涸沢デビュー!(1)
4,涸沢デビュー!(2)
5,はじめまして!/ About

contact

↓mail
name:
mail:
title:
text:

counter
link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。