FC2ブログ

山ガールGOGO!

  

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←ランキングに参加しています。よろしくお願いします!ペコリ(:

・・・・・・山で出会ったみなさん!ありがとうございました。・・・・・・
・・・・・・撮らせて頂いた写真は、下山後1週間前後でUPしていきますね。・・・・・・

 

 

 

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ☆ ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします! ペコリ (:
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←ランキングに参加しています。よろしくお願いします!ペコリ(:

・・・・・・山で出会ったみなさん!ありがとうございました。・・・・・・
・・・・・・撮らせて頂いた写真は、下山後1週間前後でUPしていきますね。・・・・・・

 

 

 

10月 西穂高 独標まで(日帰り)前半 

2012.05.04

DSC_2651.jpg

ボルタリング仲間と西穂高 独標まで

名古屋から日帰りでいけて
初心者でも、さらっと登れて
(ロープウェイでかなり上まで行けるから)
いい景色見れて、
(紅葉〜)
あー、登ったな♪
って気分になれて
帰りにさくっと
いい感じの温泉にー

で、探したら

ヒットしたのが
西穂高か御在所岳

今回は、西穂高へ!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
↑ランキングに参加しています。応援、よろしくお願いします。
※更新が遅くなり、申し訳ありません。ゆっくりペースですが、今後ともよろしくお願い致します。


【はじめての方へ】
私についてはこちら↓
about me



2011年10/15(日)  快晴
山頂付近の気温:7℃前後
行動時間:登り=2時間40分、下り=1時間20分
コースタイム::登り=3時間、下り=2時間

3:30 新栄集合  
   東海北陸自動車道 高山IC降りてから 1時間くらい。
   国道158号~(平湯) 国道471号~(栃尾)~県道475号で (名古屋IC-高山IC/ETC=1,900円)
   
7:15 新穂高温泉駐車場着  (1日=500円)
 第1ロープウェイ乗り場  (往復=2,800円)
                 ※第2ロープウェイからでも料金は一緒
8:00 ロープウェイ始発に乗る
8:40 ロープウェイ西穂高駅 千石園地登山口からスタート
9:50 西穂高山荘着  朝ご飯と朝ビール♡ (1時間10分)
10:20 出発  (1時間30分)
11:50 独標着  ランチ (休憩= 1 時間40分)
13:30 出発  (2時間)
15:30 ロープウェイ西穂高駅 到着
16:30 新穂高温泉駐車場着
16:50 露天風呂 水明館 佳留萱山荘  ここの露天風呂は混浴♡

ご飯食べてダラっとして、19時前には家路に。21時帰宅。





前日、誕生日祝いをしてもらう@トルコ料理や新栄

DSC_2561.jpg

2時間程仮眠して、新栄にてボルタリングメンバーと待合せ


DSC_2562.jpg

午前4時には、名古屋ICに
ちょっぴり、雨だけど
雨男or女不在を信じてすすむ


DSC_2569.jpg

車の中で腹ごしらえして
トルコの親父にもらったおいしいパン♡
くんちゃんがもたせてくれた、ハニー♡


DSC_2574.jpg

いざ、紅葉の真っ只中の北アルプスへ!!!
雨止んできた♪
車窓から眺める紅葉は絵本の色みたい


DSC_2584.jpg

7:15 新穂高温泉駐車場着  (1日=500円)
 第1ロープウェイ乗り場 到着
   始発まで時間があるのに、既に並んでる人がいた。
   ハイシーズンの日曜だったけど駐車場はまだ余裕がある感じ。


DSC_2631.jpg

ロープウェイはめっちゃ混んでたけど、登山口へ来てみると
そーでもなくて、、、
みんな、あさ早くからどこへ向ったんだろう。



DSC_2636.jpg

西穂を選んだ一番の理由は、
これ!
北アルプスの山々に触れたかったから。
今回は画像の端っこの独標までだけど
きっとそのうち、
ずっとそのさきへ、すすみたい。
夢は広がるぜ!



DSC_2645.jpg

前日の雨にもかかわらず、
道は整備されていて歩きやすい。

木漏れ日が気持ちいい
穏やかなスタートだったけど
30分程歩いたとこで
長野県警のレスキュー隊に追い抜かれた。

朝から救助ヘリが飛んでて
『岳』愛読者の私たちは、
牧さんだーとか叫んで、
ちっちゃく盛り上がってた。

レスキュー隊に向っても、
阿久津クンすてき笑♡なんてゆってたけど、
下山後、
前日から行方不明だった女性の捜索だったと
知ってゾッとした。




DSC_2689.jpg

メンバーはボルタリング仲間で
筋肉自慢のつーちとまーしー。
と、いつものふーみん。

無駄に筋力を見せつけるまーしー
体力が有り余ってるのか。。。

メンズたちは、筋トレが趣味なだけあって
ボルタリングの腕前は相当なんだけど、
これが、登山となると別らしく
1時間後にはつーちはかなり消耗してた。



DSC_2680.jpg


彼は、
懸垂がどれだけできても、ベンチプレスで100kgが余裕でも
30分歩くのが精一杯と言っていた。

持久力と筋肉量は比例しないらしい。

西穂高山荘までのコースタイムは1時間30分。
がんばれ、つーち!




DSC_2700.jpg

9:50 西穂高山荘着  


DSC_2724.jpg

朝ビールと朝ご飯


気温は、7℃

小屋もトイレも
比較的新しく清潔で
展望がいい。
テント泊したら、朝日がキレイに見えそう。

1時間以上の
ゆっくり休憩で、
ビールをたらふく飲む。

だって、全然しらなかったから
ここから、トイレがないってことを!

で、この後
お花摘みを経験するんだけど
私は全然慣れなくて・・・
調子にのって
ビールを飲み過ぎたことを
少しだけ後悔した。





DSC_2745.jpg

10:20 出発  独標のある、西穂高方面へ



《続きは次回 / To be continued》

<< 前のページ>> <<次のページ >>


スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ☆ ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします! ペコリ (:
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←ランキングに参加しています。よろしくお願いします!ペコリ(:

・・・・・・山で出会ったみなさん!ありがとうございました。・・・・・・
・・・・・・撮らせて頂いた写真は、下山後1週間前後でUPしていきますね。・・・・・・

 

 

 

西穂高 独標まで (日帰り)後半 

2012.05.05

DSC_2855.jpg




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
↑ランキングに参加しています。応援、よろしくお願いします。
※更新が遅くなり、申し訳ありません。ゆっくりペースですが、今後ともよろしくお願い致します。


【はじめての方へ】
私についてはこちら↓
about me


2011年10/15(日)  快晴
山頂付近の気温:7℃前後
行動時間:登り=2時間40分、下り=1時間30分
コースタイム::登り=3時間、下り=2時間

3:30 新栄集合  
   東海北陸自動車道 高山IC降りてから 1時間くらい。
   国道158号~(平湯) 国道471号~(栃尾)~県道475号で (名古屋IC-高山IC/ETC=1,900円)
   
7:15 新穂高温泉駐車場着  (1日=500円)
 第1ロープウェイ乗り場  (往復=2,800円)
                 ※第2ロープウェイからでも料金は一緒
8:00 ロープウェイ始発に乗る
8:40 ロープウェイ西穂高駅 千石園地登山口からスタート
9:50 西穂山荘着  朝ご飯と朝ビール♡ (1時間10分)
10:20 出発  (1時間30分)
11:50 独標着  ランチ (休憩= 1 時間40分)
13:30 出発  (2時間)
15:30 ロープウェイ西穂高駅 到着
16:30 新穂高温泉駐車場着
16:50 露天風呂 水明館 佳留萱山荘  ここの露天風呂は混浴♡




fDSC_2747.jpg

10:20 西穂高山荘から、独標にむけて出発  
    コースタイムは1時間30分
ここからは、岩場が多い
相変わらずよく整備された道で
迷うことはなさそう。


DSC_2750.jpg

ガスってきた
この日の天気予報は、曇りのち晴れ

ピンチ!!
先を急ぐ


DSC_2759.jpg

筋トレおたくのツーチ(赤)、
お休みはジムにいってるか、ゴルフしてる。
標高が高くなるについれて、辛そう。
筋肉が重くて、歩けないのか


DSC_2867.jpg

徹夜明けにビールが入って
テンションあがってるw


DSC_2812.jpg

最初の岩場を登りきると、
中盤は、なだらかな稜線をゆく

森林限界を越え、
低いハイマツに囲まれて
尾根の連なりを歩く

この行程が
とても好きだ。




DSC_2859.jpg

ガスで曇ったりしたけど、
ところどころに、
見える青い空が

もうちょっとがんばろうと
背中を押してくれる。






DSC_2995.jpg

10時45分 西穂 丸山
日が出てると、行動時には上着がいらないくらいだけど
止まると冷えてくる。ガスってるとなおさら。



DSC_2872.jpg

丸山から1時間くらい
ガレ場を登ると、1番の急所に。
ここは事故が多い場所らしい

確かに急だし
足を踏み外したら・・・
と思うとヒヤリとする

左上にある、台形の出っ張りが独標
あともう少し


DSC_2894.jpg

道順は、矢印で分かりやすい
ここまできたら一気にガスが晴れて
風もほとんどなかった



DSC_2899.jpg

11:50 独標着 標高 2,701m 


DSC_2935.jpg

マッコリ休憩!!!



DSC_2921.jpg

北アルプスに乾杯


とっても混んでて
いい写真があんまり撮れなかったのが残念。

天気が良ければ、休憩するには最高。
なんといっても展望がいい。

目前に
西穂高ピークに続き、
奥穂高、前穂高と
(他は名前がわからんw)
北アルプスの山々が連なり

眼下に
上高地と梓川を見下ろす贅沢さ。

お酒が美味しくないわけがない

何話してたか忘れたけど、
なんだか盛り上がって
お酒もつまみも進んで
かなり長い間いた気がする。

散策〜と行ってコースから
少し離れたところに降りたら
岩とハイ松の間に事故の追悼碑があった。

山に挑んで
山に消えた
クライマーに想いを馳せる

アルコールのせいか、
標高のせいか、
いやに感慨深く感じた。




DSC_2950.jpg

13:30 下山開始 
急な岩場は、下りの方がこわい 


DSC_2953.jpg

フレンドリーな山ガール発見!!
テンションあがる。


DSC_2985.jpg

だるかった登りのガレ場も
下りはサクサク進める。



DSC_2991.jpg

ここらへんから、
走るふーみんについていったので
一気に西穂山荘までついた。


DSC_3006.jpg

外で休憩してもよかったけど
独標で食糧をほとんど消費してしまったので
小屋で、うどんとビールを頂く


DSC_3017.jpg


DSC_3012.jpg


DSC_3010.jpg

ここで、「岳」の撮影が行われたらしい♡



DSC_3077.jpg

15:30 ロープウェイ西穂高駅 到着
おつかれさま!!

DSC_3089.jpg

16:50 露天風呂 水明館 佳留萱山荘  
日本最大らしい秘湯は混浴だったから
さずがにいけなかったけど、
洞窟があったりして確かに広いらしい
混浴のお風呂は、男湯とつながってて
男子はそのまま入るけど
女子はバスタオルを借りられます。

カップルが入ってたりするんだとか。

女湯も
いいお湯でした。


この帰りにとっても味わい深い定食屋さんに寄ったけど
写真取り損ねて
名前が全く思い出せない。

旅館を改造したようなつくりで
なぜか、カウンターに雑誌、座敷の間にセルフサービスのお水のテーブル
があったり、店の規模の割にトイレがバカに広かったり
突っ込みどころ満載で
50歳くらいの親父さんが1人で切り盛りしてるんだけど
ボリューム満天でおいしくて


なんてお店だったんだろ・・・

また行きたいのに、
きっと、二度と行けない気がする。
そんな定食や。

地方に行くと、かなりの高確率でこんなお店に出会える。
それも、山行きの楽しみのひとつでもある。




《続きは次回 / To be continued》

<< 前のページ>> <<次のページ >>




テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ☆ ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします! ペコリ (:
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←ランキングに参加しています。よろしくお願いします!ペコリ(:

・・・・・・山で出会ったみなさん!ありがとうございました。・・・・・・
・・・・・・撮らせて頂いた写真は、下山後1週間前後でUPしていきますね。・・・・・・

 

 

 

10月 西穂高 独標まで(日帰り)スナップ 

2012.05.06

10月 西穂高 独標まで

DSC_2730.jpg

西穂山荘前にて

親子で山登り
ピンクチェックのワンピース型ジャケットが
とても目立ってた


DSC_2733.jpg

還暦を過ぎたお母さんは
好みの服や小物を通販やらネットやらで
見つけては、
工夫して山用に使っているのだいう。

いくつになっても、
自分の好きなものを知っている
そーゆー生き方がステキだと思う



DSC_2956.jpg

独標手前にて

たぶん、同世代の山ボーイと山ガール
写真に夢中で、パーティから離れつつあった私は
彼らとほとんど話せかかったけど
なんだか、とても距離が近く感じた。

フレンドリーで
よく笑って、
よく話す。

そんな共通項を
勝手に見いだしてしまったからw



DSC_2666.jpg

つーち
ボルタリングとゴルフの師匠



《続きは次回 / To be continued》

<< 前のページ>> <<次のページ >>

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ☆ ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします! ペコリ (:

 | ホーム |  »

hello

yuko

about me

archive
comments
monthly
calendar
04 | 2012/05 | 06
S M T W Th F Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Page

search
category



▼アクセスランキング▼

1,涸沢デビュー!(7)
2,涸沢デビュー!(6)
3,涸沢デビュー!(1)
4,涸沢デビュー!(2)
5,はじめまして!/ About

contact

↓mail
name:
mail:
title:
text:

counter
link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。